プリン体がからだに及ぼす影響について

プリン体とは、プリン骨格を持つ物質の総称であり、細胞中の核酸を構成する主成分です。

 

あらゆる生物の細胞内に存在するため、人間が食べるほとんどの食品に含まれていますし、細胞数の多いものや細胞分裂の盛んな組織に多く存在しています。

 

食品中では旨味の成分としても働いています。

 

プリン体は食べものから摂取されるだけでなく、体内でも生成されています。新陳代謝によって古い核酸が分解したり、グルタミンやグリシンなどから合成されたりといった具合です。

 

最終的には肝臓で代謝され、尿酸となって体外へと排出されます。体内に尿酸が多くなりすぎると高尿酸血症を引き起こします。

 

高尿酸血症が長引くと尿酸が結晶となって関節に沈着し、痛風の原因になります。

 

プリン体は、体内で起きる細胞の代謝に必須の物質です。細胞の代謝は細胞分裂によって行われ、その際にDNAの複製も行われます。

 

DNAを構成する物質のアグニンやグアニンはプリン体の一種です。また、プリン体の代謝により発生するアデノシン三リン酸は細胞の活動に必要なエネルギーとして働きます。

 

プリン体といえば痛風というイメージが強く、体に不要なものと思われがちですが、非常に重要な役目を果たしているのです。

 

プリン体の摂取が多いと痛風になる?


食品から摂取したり体内で生成されたりしたプリン体は、最終的には肝臓で代謝された尿酸となって体外へ排出されます。

 

尿酸は水に溶けにくく、少しの量であれば尿として排出ができます。体内の尿酸が多くなりすぎると排出が追いつかず、結晶化して関節に付着してしまいます。

 

やがて炎症を起こして関節痛を引き起こし、痛風の原因となってしまうのです。特に足の親指が痛みやすいという特徴があります。

 

一昔前は、痛風になった人はプリン体の摂取を控えるようにと指導されていました。

 

ですが、食品から摂取されたプリン体のほとんどは、腸管内で分解されることがわかってきました。食品由来のプリン体よりも、体内で生成されるプリン体の方が、量がずっと多いのです。

 

また、食事でプリン体を制限しても、血中尿酸血は1.0mg/dLほどしか低下しないことも判明しています。

 

尿酸代謝の研究も進み、尿酸血をコントロールする薬剤が開発されています。そのため現在では痛風患者のプリン体制限は緩和されています。

 

ただ、それでもプリン体の過剰摂取は問題であり、摂取は1日に400mg未満が望ましいとされています。特に100gあたり200mg以上のプリン体を含む食品は、食べすぎに注意が必要です。